噺家の手ぬぐい

当代落語家のオリジナル手ぬぐいを網羅!

二つ目昇進

なんかねぇ、思いっきり勘違いでした

いやいや、思い込みって恐いねぇ。二月上席から新しい二ツ目ができるのかと思ってたら違った!中席からだってサ。理事会で決めたんだけどねぇ、勘違いでした。まあ、いいや(笑)。今回から紹介します、新二ツ目手ぬぐい。

馬生師匠門下駒六改め金原亭馬太郎くん、小せんさん門下柳家あお馬くん、白鳥さん門下あおもり改め三遊亭青森くんの三名。嵐が活動休止宣言をする最中、この個性的な三人が二月中席…2月11日から新しい二ツ目が誕生いたします!

まずは、コチラから。

47402.jpg

何故かあった嵐のCD。なんで買ったのかなぁ(笑)。たぶんカラオケで歌おうと思ったんだね。ちなみにわたしが一番好きな曲は『Beautiful days』です。

あっ、手ぬぐいね。

馬太郎くんです。駒六時代はホントに良くできた前座でした。けっこううるさ方の先輩師匠連たちも一目置く働きぶり。最近ではNo.1?ちょっと誉めすぎかしら。しくじったことがないのかと思いきや…ありました。しくじり方も駒六くんらしい。

「去年の夏、師匠をしくじったと思って勝手に坊主にしたら、しくじりではなかったらしく坊主にしたことを怒られました」

うーん、しくじり方がハンパねぇ~ッ!

で、やっと手ぬぐい。

umataro.jpg

「寄席文字の橘右之吉師匠です。サインが瓢箪の形になっております。全て師匠に丸投げして、サインも考えていただいたので綺麗に書けるように稽古します」

扇子を咥えて走る若馬。馬の尻尾の先がサインの『うまたろう』の『う』に繋がってる。めくりに鬼蔦の紋。馬太郎満載の手ぬぐいです。

「師匠、兄弟子の教えを少しずつ出来るようにしていきたい。地道にコツコツとやっていきたいです」と馬太郎くん。真面目だねェ〰️。

「つまらない感じになってしまいましたがよろしくお願いいたします」と最後まで真面目な馬太郎くんは二月中席鈴本演芸場昼の部から昇進いたします。ちょうどわたしも出てるので是非ともご来場くださいませ。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です