噺家の手ぬぐい

当代落語家のオリジナル手ぬぐいを網羅!

二つ目昇進

軽蔑?

少し前の話。夜中何気なく点いていたテレビの映画に「ん、コイツ?」というヤツが出てた。

似てるけどまさかねぇ~。
Wikipediaでこの映画を調べて出演者を確認してから重宝帳(芸人の住所録みたいなの)で擦り合わせると
やっぱりアイツだった!
当人を楽屋で軽くいじってやるとちょっと嫌がっていたようなのでこの度、
役者だったことを内緒にした方がいいの? と尋ねると

「いえいえ、大丈夫です。
これからもちょっとづつ役者方もやっていきたいと思っているので是非よろしくお願いいたします」

とのこと。

今回の手ぬぐいは小林ユウキチくんで~す。
…芸名も確かあったな。なんだっけ?
そうそう、この度二ツ目に昇進した一之輔門下の

きいち改め春風亭㐂いちくん

元役者です。けっこういい役やってたよ。
いろんな映画やテレビに出演してたみたいだけど、なんで噺家なんかになっちゃったんだろ(笑)?

わたしが観たのは高良健吾主演の『軽蔑』って映画でした。

噺家としてはねぇ?…はっきり言ってダメ前座でした。軽蔑します(大笑)!
当人も

「いろいろしくじり過ぎて、もう忘れることにしました」

…オレたちは一生忘れないぞ!

わぁ~猫だぁ~!なんで猫?

「広告デザイナーをしている父にお願いして作りました。
小さい頃から実家で猫を飼っておりまして、一家揃って好きなのでこの柄に決めました。
使いやすいように幾何学的なデザインにしたくて父と相談してこのような手ぬぐいになりました。
父のこだわりが強すぎて手ぬぐい屋さんともめて別のところで作ることになりました(笑)」

頑固親父なのね。二ツ目になって毎日高座に上がれるのが楽しいという㐂いちくん。

楽しいのは今のうちだけだぞ(笑)!

とりあえず、噺家としてガンバってぇ~!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です