噺家の手ぬぐい

当代落語家のオリジナル手ぬぐいを網羅!

二つ目昇進

鈴々舎ではなく柳家です!

新二ツ目三名はこの芝居から御披露目がはじまりました。

手ぬぐい紹介二人目は近頃チーズナンにはまっているという柳家あお馬くん。小せんさんのお弟子さんですが楽屋内では馬風師匠の孫弟子のイメージが強い。よく頑張りました。晴れて二ツ目昇進です!…でも、馬風師匠の孫弟子は一生です(笑)!

これからも引き続き精進してくださいね。

前座時代はしくじりがつきものです。あお馬くんのしくじりは?

「師匠から鈴本の主任の高座の録画を頼まれてRECボタンを押して終演後に再生してみたら『ミュージックステーション 春の二時間スペシャル』が録画されてました」

…あらら、やっちゃったね(笑)。その代わり小せんさん、DA PUMPの『USA』を覚えて、カラオケの十八番にしたとか…。

「大師匠(馬風師匠)のお供で茨城県に行きました。落語会の打ち上げで豪勢な鮟鱇鍋が出たのですが、食事制限の多い大師匠の体調を鑑みてお椀に脂分の多い鮟鱇を入れずにお渡ししました。するとおもむろに箸を突っ込んで『どこに鮟鱇が入ってるんだ!』と言われ『いえ……、師匠には鮟鱇を入れてません』『馬鹿野郎、鮟鱇の入ってない鮟鱇鍋があるか!』と怒鳴られました」

あお馬くんのお椀には鮟鱇が馬風師匠の分までたっぷり(笑)。うーん、そりゃお怒りだね。でも馬風師匠は優しいのです。あお馬くんが誕生日にプレゼントした師匠お気に入りの猫ちゃんをプリントしたTシャツを着てくれてる。ところがサイズが合わず猫が横広の顔に…。だけど、嬉しいねぇ~。

そろそろ手ぬぐい。

aoba02.jpg
aoba01.jpg

自分でデザインしたんだって。『丸に二つ鈴』の紋。そして青海波に枝垂柳です。…海に柳ねぇ?

「『青海波』は読み方を少し変えれば『あおば』と読めるので『やなぎやあおば』の判じもの的な意味合いになってるのかなと勝手に解釈しています」

…こじつけ、だね。『柳家あお馬』は大学の落研時代の先輩で現在茨城県でご住職をされている菊地さんに書いていただきました。あお馬くんお気に入りだそう。

「前座時代と違って二ツ目はお客さんに楽しんでいただくことが肝心です。高座の出来不出来にこだわって『次も見たい!』と思ってもらえる芸人を目指します」

素晴らしい!

今回はちょっと長文になりましたが、あお馬くんのメールが異常に長かったせいです。もっと短めにまとめるようにね。

で、チーズナンてナンなん?

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です