噺家の手ぬぐい

当代落語家のオリジナル手ぬぐいを網羅!

二つ目昇進

あるある?

楽屋で手ぬぐいを受け取る際に「師匠から『こんなんじゃ玉の輔に怒られるぞ』と言われてデザインを変えました 笑」と言いながら手渡してくれた柳亭市坊くん。190㎝近い長身の割にはよく働く…のか、働いているように見せるのが上手いのか 笑、しっかり者で字も上手な前座さんでした。

市馬会長のお弟子さんで名前を市坊から市好に改め、この11月上席から二ツ目に昇進します。そういえば、市馬会長の二ツ目時代の名前が『柳家さん好』。その『好』をもらった…はず、たぶん。ちなみに権太楼師匠も『さんこう』でしたが『好』ではなく『光』。今のさん光も『光』。まあ、彼の場合は頭が光ってるから 笑。

話を戻して、わたしのせいでデザイン変更した手ぬぐいがコチラ。

「師匠の事務所のデザイナーの方に描いていただきました。最初のデザインは師匠の手ぬぐいにちょっと似ていたので言われて変えました。岐阜出身なので鵜飼です。ありきたりですが柳家なので右に柳も描いてもらいました。」

『岐阜県あるある』&『柳家あるある』だね 笑。

そして、この畳紙。『寿  柳亭市好』と手ぬぐいの文字とちょっと違うのがポイント…らしい。いくつも師匠に書いてもらって、選ぶことができなかったんだってさ。市馬会長、相変わらずお上手だこと。

「師匠のやる噺はもちろんですが、師匠がやらない噺にも挑戦したいです。一緒に昇進する乃ゝ香姉さんに負けないように頑張ります」

…乃ゝ香ちゃんには勝てません 笑!

頑張ってくださいねぇ~。乃ゝ香ちゃんは昼席、市好くんは夜席、ふたり共に鈴本演芸場からスタートします!

詳しい情報は落語協会ホームページまで。

さて、次回から『第10回 噺家の手ぬぐい大賞』がはじまりますよぉ~。

一年って早いね、特に今年は特別な年だったのであっという間に終わっちゃう感じです。

では、お楽しみに。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です