噺家の手ぬぐい

当代落語家のオリジナル手ぬぐいを網羅!

真打昇進 襲名披露

いよいよです!!

YouTubeを見てたら花王名人劇場という昔の演芸番組というかバラエティーの中で立川談志師匠の番組があったので見てた。

「ここへね、小朝呼びましょう。ものまねやらせますんでネ」

と言って談志師匠が三味線に合わせて太鼓叩いて、うちの師匠が携帯模写。わたしが入門した当時は独演会や寄席でもやってたなぁ、今はやらないけどねぇ。で、番組では小さん、談志、枝雀、圓菊等々が出囃子に合わせて高座に上がる姿を真似してました。その時

「続きまして人気・実力共に談志師匠にいま一歩及ばない◯◯師匠」

と毒(?)を吐いてあの師匠の出の形をやってる。ええ〰️っ、スゴいこと言っちゃってるよ、うちの師匠!若手真打がそんなこと言っちゃダメじゃん!とビビる玉の輔。そのあとの談志師匠のセリフを聞いておしっこチビっちゃった。

「もうすぐ真打なんでどうぞ小朝をよろしく」って、二ツ目じゃん!!驚いちゃったよ。

そんな感じなのかなぁ、この人も(笑)。

まあ、もうね、わたしが語ることもないし満を持して松之丞さんが六代目神田伯山を襲名して真打昇進です。

「えっ、松之丞って真打じゃないの!?」
と驚きの方もいらっしゃるでしょうが、れっきとした二ツ目です!テレビやラジオじゃ、毒を吐き続けてる。またそれが受けるんだ。面白いけどねぇ。なかなかあそこまでは言えないよ(笑)。普段もこんな感じらしいヨ。こないだも噺家の手ぬぐい大賞のプレゼンテーターとして出てもらった林家あずみちゃんに松之丞さんがいきなり

「鼻いじりましたね」

と面と向かって整形と決めつけたらしい(笑)。いいね、松之丞!地方でいっしょに仕事したときに前座代わりのたま平くんに

「同じ二ツ目だからボクがやるから」

と言って一席終わって座布団を自分で返す松之丞さん。売れっ子なのに偉いなぁ、と思ってたら次に上がるわたしに

「すいません師匠、目が悪いので曲がってるかも知れません」

だって!ちゃんと置けないのなら高座返しするなっ(笑)!!

さて、手ぬぐい。

シンプルです。真ん中に三つ環の紋と『六代目 神田伯山』。そして六本の縞はもちろん六代目だから。

「うーん、あんまり気に入ってないんですよ(笑)。他人任せにしちゃったんで…。また変えます」

だって。ここでもTHE 松之丞でした(笑)。

御披露目は二月中席末廣亭からはじまります。連日満員御礼だと思うけど立ち見覚悟で是非新しい伯山、ご覧くださいませ。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です