大穴がっ!?

今回は大物噺家手ぬぐいです。しかも落語芸術協会からの参戦です。

…参戦ってほどでもないけどね 笑。ヨネスケこと桂米助師匠の手ぬぐいです。米助師匠とは三十年ほど前に『平成名物テレビ ヨタロー』という深夜番組で一年間ご一緒させてもらってました。そんな縁もあって昨年You Tube『突撃!ヨネスケちゃんねる【落語と晩ごはん】』に呼んでもらって手ぬぐい愛を語り、それと同時に米助師匠の手ぬぐいのデザイン依頼を受けました。大先輩の手ぬぐいなんでヘタなモノは作れない。でも、米助師匠といえば『コレ』というモノがあるのでそいつをちょいと料理しようと考える。しかも『コレ』がふたつ。『突撃!隣の晩ごはん』『野球』。で、考えたのがコチラ。

わかりやすい大きなしゃもじ、バットとボールの小紋柄、そしてしゃもじ小紋です。よく見るとバットとボールの中にひとつしゃもじ、しゃもじ柄にもひとつバット。我ながらなかなか良い 笑。そして、もう一つは米助=ヨネスケというところから『手ぬぐいいっぱいにど~んと『ヨ』。

畳むと『ヨ』が隠れて噺の邪魔にならない。…でもまあコレはオマケで出したアイデアなんでコイツは無いな 笑。さて、米助師匠はどれを選んでくれるのかしら?

そして手ぬぐいが出来上がったということでまたヨネスケちゃんねるに呼んでもらいました。…なんと二種類作ったそうです!それがコチラ。

しゃもじ小紋と大穴の『ヨ』。コレを選んだんだぁ〜 笑。けっこうこの柄気に入ってたもんなぁ〜。二種類作ってくださったのはたいへん嬉しい誤算。なかなか楽しい手ぬぐい作りでした。…待てよ、米助師匠が『噺家の手ぬぐい大賞』に参戦することになるからYou Tubeで煽って独走しかねない 笑。二年連続落語芸術協会からの大賞は阻止せねば!

…考えてみると柳家小ふね、二つ目物語、そして米助師匠と三回連続の玉の輔デザイン!小ふね手ぬぐい評判良いから頑張ってもらって大賞獲ろっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ten + nineteen =