噺家の手ぬぐい

当代落語家のオリジナル手ぬぐいを網羅!

真打昇進

喜三郎じゃないよ、㐂三郎だよ!

御披露目も上野、新宿が終わって中盤戦に突入!浅草演芸ホールにやって参りました。もう一息、頑張ってぇ〰️!

まずは、手ぬぐいを見てもらいましょ!

良いねぇ~、最高です!

さん喬一門で一番小さい…さん喬一門に限らないか 笑、

小太郎改め柳家㐂三郎くんの手ぬぐいです!

ニツ目時代のものをヴァージョンアップしてます。確か以前のものは、覆面の片側に背青海波、もう一方は無地でしたね。でも、この手ぬぐいを小三治師匠が使ってたのは「ナンでだろう、ナンでだろう、ナナナ、ナンでだろ?」でしたが 笑。

「デザイナーの三浦琢揚さんにお願いしました。麻の葉は『健やかな成長』、左下の柄は右肩上がり、㐂の字から777も入れた御目出度い手ぬぐいです」

 

なんと、ホンモノの覆面まで作っちゃった !バッジやポチ袋まであるそうです。

「皆様のお陰でコロナや準備で貯まったストレスが一気に発散できました。先ずは全力で御披露目を完走いたします!」

こんな前向きの㐂三郎くんも悩みがある?

目標が「㐂三郎の『㐂』の字が普及するように頑張ります!」です。『㐂』が機種によって出ないのです!御披露目の記事が掲載されている大手の新聞社、落語雑誌でも『柳家喜三郎』で載ってる。

『喜三郎』の喜は『森』の木の部分が『七』

みたいな脚注が付いてる。玉の輔のスマホでも以前はるダメだったけど、いろいろいじってもらったら『㐂三郎』になった。出そうと思えば出るんだよね。だから、目標がこんな風になる。

頑張れぇ〰️、喜三郎…いや、㐂三郎 笑!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RSS
Follow by Email