噺家の手ぬぐい

当代落語家のオリジナル手ぬぐいを網羅!

未分類 真打昇進 襲名披露

福山に『柿の木坂』作ってもらおうヨ!

はーい、新真打ぃ〰️!

はじまるよぉ〰️!

 

三月下席、鈴本演芸場久しぶりの再開は御披露目です。歌る多姉さん門下粋歌改め弁財亭和泉ちゃん、市馬会長門下市江改め柳亭燕三くん、さん喬師匠門下小太郎改め柳家㐂三郎くん、正朝師匠門下正太郎改め九代目春風亭柳枝くん、そして圓丈師匠門下めぐろ改め三遊亭れん丈くんの五人。いやぁ、この最中たいへんだけどさ、なんとか頑張りましょう!

まずは一門なんで九代目春風亭柳枝くん。

大きな名前を金にものを言わせて買い取り…うそウソ、ちゃんと襲名いたしますヨ 笑。『柳枝』の名跡は落語協会でお預かりしていた名前なんでねぇ。でもね、柳枝くんて凄い金持ちなんだよ 笑。駅から自宅まで他人の土地に足を踏み入れずに帰れるし、柿の木坂に日本の国土の二倍の土地を持ってるんだって!…って、どんな計算? 憶測だけど、近いものがあるので侮れない 。そんな坊っちゃん生活をのほほんと送っていた小杉学史少年も入門で一変!いつも、正朝師匠から小言を浴びている姿がちょっと面白かったよ 笑。師匠の影を踏んでは怒られ、鞄のファスナーの位置が違うと小言。その姿が愛くるしいほどでした。真打になっても師弟関係は変わらないので、また見せてね 笑。

じゃあ、手ぬぐいネ。

 

柳家の手ぬぐい?…ああ、柳枝の枝だね。

「手ぬぐいと後ろ幕を明治学院大学落語研究会OBでイラストレーターの橋本金夢さんにお願いしました。折り畳んで高座でも使いやすいように柳の枝のシンプルな手ぬぐいです。自分で描いた僕の顔は隠れますので… 笑」

柳枝くんは漫画家にもなりたかったというくらいイラスト上手。そういえば二ツ目の手ぬぐいは自らジグソーパズル柄を描いてデザインしてたねぇ。

「九代目の柳枝を継がせていただき大変名誉なことだと思っております。多くのお客様に喜んでいただけるように滑稽噺から人情噺まで手広く演れるように、後輩から稽古を頼まれるような噺家になれるよう精進していきたいと思います」

と、施政方針演説のようなコメントをいただきましたぁ  笑。

他になんかないの?

「玉の輔師匠には合同の手ぬぐいや僕の風呂敷のデザインをお願いしています。本当にお世話になっています。今後とも一門としてご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします」

わかってるじゃん!

お礼に土地をください 笑!

詳しい御披露目情報は落語協会ホームページでお確かめください。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RSS
Follow by Email